ライフ イズ ビューティフル

欲しがりません 勝つまでは

アメリカ行きたい

今週借りた映画の感想です。

ガス・ヴァン・サント祭りです。

 

■マイ・プライベート・アイダホ/ガス・ヴァン・サント ★★★

いやあ〜〜〜これは観た後なんとも言えない気分になりました。ちょっと重かった〜〜〜人生、って感じがすごいです、ほんと。

ロードムービー久しぶりに観たんですけど、やっぱいいですね。青春っつうか、人生って感じ。行き当たりばったりな主人公の人生に感情移入して、普通にボロボロ泣きました。まぁ娼婦はやってないですけどね。

ガス・ヴァン・サントの映画は、ゲイがよく出てくるけど別に嫌な感じがしないです。別にゲイに賛成するわけではないですが。キアヌ・リーブスがメチャクチャ若いし、端正な顔立ちすぎるしで何これって思いました。


My own private idaho trailer - YouTube

 

パラノイドパークガス・ヴァン・サント ★★★★

これはもう…なんでこうも少年の心を描くのが上手いんでしょうか。スケボー少年の背中だけで、なんか伝わるものがあるんですね〜〜〜はあ、ほんとガス・ヴァン・サント天才ですわ。『エレファント』的世界観と似てたかなと思います。『グッド・ウィル・ハンティング』とか『永遠の僕たち』みたいな作品と比べると、全然違った感じの作品ですが、私はこっちの方が好きかな〜とも思います。ちょっと重たくてズンとくるやつの方が好きかもしれません。あらすじ書く元気がないです


「パラノイドパーク」予告編 - YouTube

 

これで終わり。

■ジェリー/ガス・ヴァン・サント ★★★

まさに「映画」って感じの映画でした。今まで観た映画の中で一番セリフが少なかったと思います。ひたすら砂漠をさまよう2人の青年をゆったりと追うだけです。ほんとに、ただそれだけです。実験的な作品なのかな、とも思いましたが…『エレファント』みたいな感じかなと勝手に解釈しました。ただ、何を言うわけでもなく淡々とありのままを描く、みたいな感じでしょうか。上手く書けないですが。ガス・ヴァン・サントらしさがあります。


Gerry (2002)- Trailer - YouTube

 

らしさと言えば、ガス・ヴァン・サントの作品で特徴的なのは主人公とか登場人物を後ろから追っかけていくカットだと思いました。どの作品観ても、だいだいそういうシーンが出てきます。これを観る度、おお〜〜〜〜〜っという感じ。こういう特徴がある方が良いなと思います。

 

今週唯一の邦画でラストです。

やわらかい生活廣木隆一 ★★★

ん〜〜〜〜〜寺島しのぶ最高や〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ヴァイブレータ』を思い出す、寺島しのぶのメンヘラ女。なんであんな上手いんやろ…と思わされます。

映画を観て、率直な感想としては

 

絶対うつ病にはなりたくない

 

メンヘラ女は面倒臭い

 

(トヨエツかっこええ……)

 

以上です。ほんとに、うつ病はアカンやでと思いました。メンヘラ女は傍から見てるとこんなにも面倒くさいのか、と改めて感じました。

一番切なくなったのは、主人公にとって心の拠り所にしている人が皆違う誰かと幸せそうに笑ってるのを、主人公が遠くから眺めるシーンです。なんとなく、自分と重なって切なくなって泣きました。自分がいなくても、皆幸せに暮らしているのね、って分かった瞬間。あれほど“人生”ってなるもんないです。


やわらかい生活 - YouTube

 

はい。

三連休と言ってもひたすら映画を観るだけでした。

あ、American Apparelで初めて(今さらながら)買い物をしました。

http://instagram.com/p/s9Nn_dsZXh/

 

価格帯的にもデザイン的にも今かなり気に入っているので、これから増々お世話になるかと思います。

 最近、ほんとうに今さらながら海外ファストファッションブランドにハマっています。アースミュージックアンドエコロジー(笑)とか、ローリーズファーム(笑)とかはもう卒業だなって感じだし、かと言ってハイブランドに手を出せるほどお給料のいい会社で務めている訳でもないので、自動的にこうなった感はあります。

とにかく、早く給料日になってほしいなと願う日々です。可愛いセーターとスウェット買うぞ〜〜〜〜〜

 

はい。明日もお仕事です。頑張ります。

以上です。